老人の眼瞼下垂症

老人の眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上まぶた(上眼瞼)が正常な位置よりも下がる事で、物が見えにくくなる病気です。

通常、上まぶたは黒目の上の端に少しかぶる位の位置にありますが、眼瞼下垂になるとそれより下がります。そのため、まぶたが視界を邪魔して、物理的にものが見えづらくなってしまうのです。

眼瞼下垂は先天的(生まれつき)か後天的かで分類されますが、後天的に眼瞼下垂になるケースは加齢によるものが多いです。これを老人性(加齢性)眼瞼下垂症とよびます。

老人の眼瞼下垂の原因

年齢を経るごとに骨格とまぶたを持ち上げる筋力(上眼瞼挙筋)の接合力が弱まり、次第に日常生活レベルでも維持できなくなってしまいます。いつの時点で、どの程度のレベルこの接着力が弱まるかは、個人によって異なります。中には速いスピードで症状が進行してしまう方もいらっしゃいます。

老人の眼瞼下垂の症状

老人の眼瞼下垂の症状

主な症状は以下の通りです。

眼瞼下垂の主な症状
まぶたが開きにくい 顔面・まぶたの痙攣
肩こり・首のこり 不安障害
頭痛 自律神経のみだれ
睡眠障害 めまい
  • 物が見えにくい、本が読みにくい
  • 視野が狭い
  • おでこにシワが寄ってしまう
  • 頭痛、肩こり、首こり
  • 疲れていたり、眠そうに見られてしまう
  • 精神的なストレス(イライラ、不安など)

老人の眼瞼下垂の治療法

治療方法は手術です。

①上眼瞼挙筋前転術

基本的にはこの術式が適応となります。
二重(ふたえ)のラインに沿って皮膚切開を加え、緩んだ眼瞼挙筋腱膜を引き締め、瞼板に固定します。
余剰な皮膚や弛緩を伴う症例では皮膚切除も同時に行います。

②眉毛下切開による余剰皮膚切除術

眉毛の下のラインに皮膚の切開を加え、余剰な皮膚等を切除し、上眼瞼(上まぶた)の挙上を行います。
専門医が診察を行い、適応を検討します。

恵比寿形成外科・美容クリニックでは

形成外科専門医とスタッフが丁寧に対応いたしますので、お気軽にお申し出ください。 恵比寿近郊にお勤めされている方や学校に通われている方は、JR・日比谷線恵比寿駅より徒歩1分の恵比寿形成外科・美容クリニックにご来院ください。

老人の眼瞼下垂のギモン

年をとってまぶたが下がってきたら老人の眼瞼下垂ですか?
可能性はありますが、100%ではありません。
眼瞼下垂ではなく、加齢によるまぶたの皮膚のたるみで眼瞼下垂のように見えることがあります。
手術による合併症はありませんか?
術後の眼の腫れはすべての方で生じますが、その程度には個人差があります。
血が止まりにくい高齢の方であれば、まぶたに2~3週間ほど紫色になることもあります。
その他の合併症としては、術後の左右差や兎眼(目が閉じなくなる状態)が生じる場合があります。

形成外科の疾患一覧

皮膚の腫瘍(できもの)

皮膚の腫瘍

など

目と耳の病気

目と耳の病気

など

傷と傷跡(きずあと)

傷と傷跡

  • 瘢痕修正
  • 切創(切り傷)
  • 擦過傷(すり傷)
  • 刺創(刺し傷)
  • 咬傷(かみ傷)
  • 外傷性の刺青
  • ケロイド
  • 肥厚性瘢痕(盛り上がった傷跡)

など

爪の病気

爪の病気

など

体の病気

体の病気

など

熱傷(やけど)

熱傷

  • 新鮮熱傷
  • 熱傷後瘢痕
  • 小児の熱傷

など

ページトップへ