眼瞼形成術

当院の眼瞼形成術は形成外科の専門医がすべて執刀します。
我々は、単にまぶたの整容性を整えるだけではなく、まぶたの機能や術後の合併症にも配慮した治療を心がけています。

眼瞼形成術は大きく以下の2つに分けられます。

  • 1. 眼瞼下垂症手術(自費、保険)
  • 2. 二重まぶた形成術(自費)

1.眼瞼下垂症手術に関して

眼瞼下垂症とは

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上まぶた(上眼瞼)が正常な位置よりも下がる事で、物が見えにくくなる病気です。通常、上まぶたは黒目の上の端に少しかぶる位の位置にありますが、眼瞼下垂になるとそれより下がります。

そのため、まぶたが視界を邪魔して物理的にものが見えづらくなり、それに伴い頭痛や肩こりが生じる方もいます。眼瞼下垂は先天的(生まれつき)か後天的かで分類されますが、後天的に眼瞼下垂になるケースは加齢、コンタクトレンズ、アイプチの使用などが原因になることが多いです。単純に、加齢により生じるものを加齢性(加齢性)眼瞼下垂症とよびます。

眼瞼下垂の症状

老人の眼瞼下垂の症状

主な症状は以下の通りです。

眼瞼下垂の主な症状
まぶたが開きにくい 顔面・まぶたの痙攣
肩こり・首のこり 不安障害
頭痛 自律神経のみだれ
おでこのシワ めまい
  • 物が見えにくい、本が読みにくい
  • 視野が狭い
  • おでこにシワが寄ってしまう
  • 頭痛、肩こり、首こり
  • 疲れていたり、眠そうに見られてしまう
  • 精神的なストレス(イライラ、不安など)

加齢性眼瞼下垂症の原因

年齢を経るごとに瞼板とまぶたを持ち上げる筋力(上眼瞼挙筋)の接合力が弱まり、次第に日常生活レベルでも維持できなくなってしまいます。いつの時点で、どの程度のレベルこの接着力が弱まるかは、個人によって異なります。中には速いスピードで症状が進行してしまう方もいらっしゃいます。

眼瞼下垂の治療法

治療方法は手術です。

①上眼瞼挙筋前転術

基本的にはこの術式が適応となります。
二重(ふたえ)のラインに沿って皮膚切開を加え、緩んだ眼瞼挙筋腱膜を引き締め、瞼板に固定します。
余剰な皮膚や弛緩を伴う症例では皮膚切除も同時に行います。

②眉毛下切開による余剰皮膚切除術

眉毛の下のラインに皮膚の切開を加え、余剰な皮膚等を切除し、上眼瞼(上まぶた)の挙上を行います。
専門医が診察を行い、適応を検討します。

2.二重まぶた形成術に関して

二重まぶた形成術の種類

二重まぶた形成術

  • 埋没法:皮膚と瞼板を医療用の糸で固定します。
  • 切開法:基本的には眼瞼下垂症の治療に順じた手術を行います。

埋没法とは

正確には、埋没法(式)重瞼術と呼び、二重ラインのくびれを作ります。医療用の糸により、予定の重瞼線に沿って皮膚(皮下組織)と瞼板を固定し、連続性を持たせる術式です。

埋没法の適応

  • 二重にしたい人
  • ダウンタイムを最小限にしたい人
  • どのような幅で、どのような形の重瞼が自分に合うか悩んでいる人

この術式は、二重まぶたの作成を希望する場合に適応となります。また、他の重瞼術(切開法など)と比較し、腫れや内出血などのダウンタイムが短い為、社会生活に対する制限を少なくしたい人にも適応となります。また、固定した糸を除去すると、手術前の形に戻るので、自分に似合った重瞼の形態が決まっていない場合にも適応となります。

治療前の確認事項

当院では、術前に専門医による診察を行い、以下の内容を説明します。

  • 1)手術適応の確認。
  • 2)手術方法や内容に関する説明。
  • 3)本術式のメリットとデメリットの説明。
  • 4)術後に起こりうる合併症に関する説明。

埋没法の治療の流れ

  • 1)問診、診察
  • 2)手術の説明、確認、術前のデザイン
  • 3)手術
手術時間 15~30分
麻酔 局所麻酔
傷跡 二重のラインに沿って数㎜程度付きますが、1週間程度で消失します。
ダウンタイム 翌日から日常生活がおくれます。

恵比寿形成外科・美容クリニックでは

形成外科専門医とスタッフが丁寧に対応いたしますので、お気軽にお申し出ください。 恵比寿近郊にお勤めされている方や学校に通われている方は、JR・日比谷線恵比寿駅より徒歩1分の恵比寿形成外科・美容クリニックにご来院ください。

形成外科の疾患一覧

皮膚の腫瘍(できもの)

皮膚の腫瘍

など

目と耳の病気

目と耳の病気

など

傷と傷跡(きずあと)

傷と傷跡

  • 瘢痕修正
  • 切創(切り傷)
  • 擦過傷(すり傷)
  • 刺創(刺し傷)
  • 咬傷(かみ傷)
  • 外傷性の刺青
  • ケロイド
  • 肥厚性瘢痕(盛り上がった傷跡)

など

爪の病気

爪の病気

など

体の病気

体の病気

など

熱傷(やけど)

熱傷

  • 新鮮熱傷
  • 熱傷後瘢痕
  • 小児の熱傷

など

ページトップへ