陥没乳頭

陥没乳頭とは

陥没乳頭とは、乳頭が乳輪の内側に埋没した乳首のことで、最近では若い女性に多くみられる症状です。 陥没乳首とも呼ばれることがあります。

男性でもなりますが、女性と異なり乳頭の機能はあまり必要性がないため、問題視されることが少ないです。

成人女性の10人に1人は、片側もしくは両側が陥没乳頭であると言われています。 どのように対処してよいか、誰に相談すればよいかで困っている女性が多い症状でもあります。

陥没乳頭の原因

陥没乳頭の原因は人により様々です。

  • 01乳房の成長差

    乳管と乳腺の成長スピードに差がある事で陥没してしまうことがあります。

  • 02先天的に未発達

    乳頭

    母乳をつくる乳頭腺(乳腺)の組織が未発達のために陥没してしまうことがあります。 また、乳腺でできた母乳を運ぶ乳管が先天的に短く、乳頭が引っ込んでしまうケースもあります。

  • 03手術や病気などが原因

    乳がんや乳腺炎、乳頭にできる潰瘍、結核などで乳頭が引っ込んでしまうことがあります。 他にも乳房やその近隣を手術した際に、後遺症として陥没してしまう可能性もあります。

上記の3つが主な原因であると言われています。
ただし、これら以外の原因もありますし、はっきりとした原因がわからない場合もあります。

陥没乳頭の症状

主な症状は、乳頭が乳輪の皮膚から突出しておらず、陥没してしまっている状態になることです。

陥没乳頭になると、

  • 見た目が良くない
  • 授乳が上手くいかない(母乳が出にくくなる、乳児が上手く乳房を吸えない)
  • 母乳が乳頭から出ず、乳腺炎を起こしてしまう(清潔に保てないため)

といった問題がでてきます。

陥没乳頭には、症状の重さで下の2種類があります。

仮性「(軽度)」 刺激を与えると乳頭が突出する
真性「(重度)」 刺激を与えても乳頭が突出しない

また、授乳が上手くできないと、乳房が張り、痛むことがあります。
解消されないと、うっ滞性乳腺炎や急性乳腺炎、長引くと慢性乳腺炎などの病気になることがありますので、授乳が始まる前の治療をお勧めします。

陥没乳頭の治療法

治療を始める前に、「仮性(軽度)」か「真性(重度)」を判断する必要がありますので、実際に乳房の状態を確認します。

また、他の病気との併発が疑われる場合は、マンモグラフィー・超音波検査・MRI検査などで検査することもあります。 軽症で、ご本人もあまりお気になさらない場合は、マッサージや市販の乳頭吸引機などで治療をするという方法もございます。

市販品の器具などで対応できない場合や重症例に対しては、手術が検討されます。

陥没乳頭の手術

局部麻酔を施した後、乳頭の周辺2~3箇所に小さな切れ目を入れて、陥没した乳頭を引き上げる手術です。手術後、再び陥没してしまわないよう、保護キャップを付けて1ヶ月ほど過ごしていただきます。

日帰りで手術を受けられることが多いですが、抜糸などで約1週間後に通院する必要があります。その後も、炎症や感染症にかかっていないかを診るために、数か月に1度通院していただくことがあります。

気を付けていただきたいこと

陥没乳頭の方は、入浴時に乳頭をしっかり洗うようにしてください。

手術をされた方は、術後1~2週間は激しい運動を控えてください。
傷口に違和感を感じたり、痛みや腫れを感じたらすぐに病院へ受診してください。

陥没乳頭の症例写真

当院で陥没乳頭の施術をされた方の症例写真を頂けます。
症例の説明、費用、副作用/リスクなどをご覧いただけます。当院で施術をお考えの方はぜひご参考にしてください。

  • 陥没乳頭に対する外科的治療症例写真

    陥没乳頭に対する外科的治療

    乳管温存法

    乳管束の瘢痕組織の癒着を剥離し、乳頭を持ち上げた状態で固定する術式です。

    この症例の詳細を見る

恵比寿駅から徒歩1分の形成外科

陥没乳頭で悩んでいらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。
「自分だけ」「誰にも話せない」などと思わず、一度形成外科医にご相談してみてください。

当院は女性医師が在籍しておりますので、女性の方も安心してご来院いただけます。

渋谷区に通勤・通学・お住まいの方であれば、JR恵比寿駅徒歩1分の恵比寿形成外科・美容クリニックにご来院ください。

形成外科の疾患一覧

皮膚の腫瘍(できもの)

皮膚の腫瘍

など

目と耳の病気

目と耳の病気

など

傷と傷跡(きずあと)

傷と傷跡

  • 瘢痕修正
  • 切創(切り傷)
  • 擦過傷(すり傷)
  • 刺創(刺し傷)
  • 咬傷(かみ傷)
  • 外傷性の刺青
  • ケロイド
  • 肥厚性瘢痕(盛り上がった傷跡)

など

爪の病気

爪の病気

など

体の病気

体の病気

など

熱傷(やけど)

熱傷

  • 新鮮熱傷
  • 熱傷後瘢痕
  • 小児の熱傷

など

まずはお気軽にお問合せください

施術をご検討されている方、お悩みやご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

受付時間 日/祝
10:00 ~ 16:45 / /

10:00 ~ 19:00  10:00 ~ 14:00

ページトップへ