立ち耳

立ち耳とは

立ち耳

耳は通常、人の頭の横に沿った状態です。しかし、立ち耳の場合は、顔に対して耳が横に突出する状態になっています。

立ち耳の原因

対耳輪という軟骨が弱く、未発達であるため、折れ曲がるせいで耳を頭側へ寝かせることができず、このような症状が現れます。
※画像の赤丸にある、Y字型の軟骨が対耳輪です。

立ち耳の症状

症状は、耳が横方向に出っ張ることです。

立ち耳の悩み

  • マスクや眼鏡がかけられない / かけにくい
  • 耳が横に出、顔全体が大きく見える
  • 耳に視線が集まっている気がする
  • 耳のせいで髪型が制限される(髪で耳を隠したがる人が多いため)

立ち耳の治療法

立ち耳の治療法は、手術か保存療法です。
小さい子供であれば、テーピングなどによる保存療法を行います。
成人の方の立ち耳であれば、局所麻酔を使用した日帰り手術を行います。
手術方法としては、耳の裏側から切開し中の軟骨を矯正する方法がよく用いられます。
ただし、術後の耳の形に若干の左右差ができたり、耳が再び立ってしまったりすること(再発)もあります。

恵比寿形成外科・美容クリニックでは

当院は、立ち耳の治療を行っております。お気軽にご相談ください。

恵比寿近郊にお勤めされている方や学校に通われている方は、JR・日比谷線恵比寿駅西口より徒歩1分の恵比寿形成外科・美容クリニックにご来院ください。

立ち耳のギモン

手術はした方がいいですか?
患者さんの症状によりますし、またご本人がどう思われているかにもよります。
人によっては大きく突出していても「問題ない」と思われる方もいれば、軽症でも「治したい」と思われる方がいらっしゃいます。そのため、専門医と相談した上で、手術のメリット・デメリットをよく把握し、治療を受けるようにしてください。

形成外科の疾患一覧

皮膚の腫瘍(できもの)

皮膚の腫瘍

など

目と耳の病気

目と耳の病気

など

傷と傷跡(きずあと)

傷と傷跡

  • 瘢痕修正
  • 切創(切り傷)
  • 擦過傷(すり傷)
  • 刺創(刺し傷)
  • 咬傷(かみ傷)
  • 外傷性の刺青
  • ケロイド
  • 肥厚性瘢痕(盛り上がった傷跡)

など

爪の病気

爪の病気

など

体の病気

体の病気

など

熱傷(やけど)

熱傷

  • 新鮮熱傷
  • 熱傷後瘢痕
  • 小児の熱傷

など

ページトップへ