尿失禁(女性)

尿失禁とは

ふとした時に気づいたら尿が漏れていたというように、意図せず尿が漏れてしまう症状です。「尿漏れ」とも呼ばれています。高齢者に多くみられますが、歳を取れば自然に起こるものではありません。

尿失禁には様々な原因があり、その症状は一過性のものから慢性的なものまであります。中でも女性に一番多いのが「腹圧性尿失禁」というタイプです。尿失禁は、直接生命に関わるものではありませんが、生活の質(QOL)を脅かす疾患です。

恥ずかしさや歳を理由にして一人で悩みを抱え込んでおられる方が多いのですが、原因や症状に応じた治療法がきちんとあります。一人で悩まず、医師に相談して適切な治療方法を知りましょう。以下の症状が当てはまる方は、一度来院してご相談ください。

尿失禁の種類と原因

  • 腹圧性尿失禁

    くしゃみや、笑うなどお腹に力が入った時に尿が漏れてしまうタイプのものです。尿失禁に悩む女性の多くがこのタイプに属します。尿道を締める役割を担う筋肉が緩み、尿道の締まりが弱くなることが原因で、出産や加齢をきっかけに発症することがあります。また、重たい荷物を持つ、排便時の強いいきみなども上記の筋肉を傷つけて尿失禁を発症させる原因になります。

  • 切迫性尿失禁

    急に我慢できない尿意をもよおしたり、我慢しきれずに尿を漏らしてしまうタイプのものです。トイレが近い、睡眠中に何度もトイレのために起きるなどの傾向があれば、このタイプの尿失禁である可能性があります。脳と膀胱を結ぶ神経のトラブルが原因の場合もあれば、原因が特定できない場合もあります。

  • 溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

    自分で出せなかった残尿で膀胱が一杯になり、尿が尿道から漏れ出すタイプのものです。排尿障害という尿が出にくくなる障害をもっている場合にこのタイプの尿失禁がみられます。排尿障害を引き起こす原因として、前立腺がんや前立腺肥大症、子宮脱が挙げられます。

  • 機能性尿失禁

    排尿機能には問題がなく、認知症や身体機能が原因で尿を漏らしてしまうタイプのものです。本人が尿意を認識できなかったり、ベッドに寝たきりでトイレに行くことができなかったりします。

治療方法

当院では主に骨盤底筋群のゆるみが原因である腹圧性尿失禁に対し、膣内HIFUによる治療を行っております。メスを使わず膣の中にハンドピースを挿入し、膣粘膜へとHIFUエネルギーを照射します。麻酔は不要で施術を受けることができ、痛みやダウンタイムはほとんどありません。

HIFUは筋層まで届く唯一の超音波であるため、骨盤底筋群やその筋膜のタイトニングに有効であり、尿失禁の改善につながります。また、膣内のコラーゲンが活性化され、膣内腔のタイトニングと弾力性の増加が見込まれ、膣縮小や萎縮性膣炎などにも効果的です。

HIFUエネルギーは子宮がんや子宮筋腫、乳がんの治療などにも使われ始めています。超音波が集束された部分だけが高温になり、他の組織にはダメージがほとんどありません。

恵比寿形成外科・美容クリニックでは

お一人お一人の患者様のお話をよく伺い、 その方に合ったオーダーメイドの治療をさせていただいております。

尿失禁について、ご不明な点や聞いておきたいことなどがございましたら、お気軽にお申し付けください。

恵比寿近郊にお勤めされている方や学校に通われている方は、JR・日比谷線恵比寿駅より徒歩1分にある恵比寿形成外科・美容クリニックの美容婦人科部門を受診ください。

美容婦人科の疾患一覧

美容婦人科

美容婦人科は、HIFU(ハイフ)による女性器のエイジングケアや手術による整容性の改善などを行っております。

ページトップへ