女性器の形成

女性器の形成とは

近年、患者さんご自身の性器に悩みを抱えていらっしゃる方は増えています。

美容外科や形成外科の認知度が上がってきたこともあり、

  • 「出産や加齢に伴う尿失禁がある」
  • 「掻痒感や疼痛がある」
  • 「たるんだ皮膚がこすれて、不快感がある」
  • 「膣のゆるみや不感症で悩んでいる」
  • 「パートナーに性器の形や色を指摘された」
  • 「年齢と共に増えた、女性器のたるみや黒ずみが気になる」
  • 「自分の性器に自信が持てない」

といった「女性ならでは」の悩みもインターネットや雑誌で多く書かれるようになりました。

しかし、誰に相談したらよいかわからない、どうすれば悩みが解決できるかわからない、という方も多くいらっしゃいます。 もし、女性器のことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、一人で悩まず、当院でご相談されてみてはいかがでしょうか。

女性器の形成の種類

小陰唇形成術

小陰唇とは、膣の両側にあるヒダ状のものです。よくある悩みとして、「左右の大きさが違う」「他の人より大きい気がする」「周囲の組織とこすれて不快感がある」があります。通常、小陰唇は一人一人、全く異なる形・色をしているのですが、パートナーから指摘されたり周囲の情報からコンプレックスとなってしまう方がいます。 そうした人のために、小陰唇の縮小・形成を行う手術です。

手術の内容

施術後の形(デザイン)を決定し、局所麻酔を行います。その後、不要な部分の切除と縫合を行います。 術後1ヶ月程度は、激しい運動を控えていただく必要があります。

膣内HIFU(ハイフ)による緩みの治療

膣の緩みが起こる最も多い原因は、出産です。産後、「膣の緩みが気になった」という患者さんは非常に多いです。出産時に赤ちゃんがスムーズに出てこられるよう、膣も柔らかく緩むようになっています。 しかし、ゆるみが激しいと尿もれの原因になったり、パートナーから指摘を受けたりします。

手術の内容

HIFU(ハイフ)レーザーを膣の内部に照射して、膣のタイトニングと粘膜の再活性化を行います。ダウンタイムも短く、切除や縫合などの必要がない事が特徴です。

女性器の形成について

女性器の形成の一部は手術ですので、治療前には専門医師の説明と施術方針を確認し、納得してから受けるようにしてください。

恵比寿形成外科・美容クリニックでは

各種女性器の形成手術とレーザー治療を行っております。お気軽にご相談ください。また、当院は女性の形成外科専門医が在籍しておりますので、女性の方でも安心してご来院いただけます。

恵比寿近郊にお勤めされている方や学校に通われている方は、JR・日比谷線恵比寿駅より徒歩1分の恵比寿形成外科・美容クリニックにご来院ください。

美容婦人科の疾患一覧

美容婦人科

美容婦人科は、HIFU(ハイフ)による女性器のエイジングケアや手術による整容性の改善などを行っております。

ページトップへ