シミの治療

シミの種類と原因

  • ①老人性色素斑(ろうはん)

    丸みを帯びた形の茶色または焦げ茶色のシミで、シミの境界線がくっきりしています。中年以降に左右非対称に表れます。老人性色素斑は紫外線が主な原因です。皮膚の表面を覆う細胞が紫外線によってDNA以上を起こして良性腫瘍になったものです。

  • ②肝斑

    頬骨から目尻あたりに見られるシミで、最初はうっすらとした茶色ですが、徐々に濃くなり広がっていきます。30~40歳あたりで見られることが多いです。肝斑はホルモンバランスや皮膚への刺激、紫外線が原因で発生します。

  • ③雀卵斑(そばかす)

    点々とした茶色い粒状のシミで、鼻や頬あたりに一線上に広がりを見せます。3歳という幼い年ごろから見られ始め、思春期ごろに目立ちやすいです。雀卵斑のできやすさは遺伝的な部分もあり、MC1R遺伝子という遺伝子が関係していると言われています。遺伝子とは別に、紫外線が雀卵斑を誘発させることも分かっています。

  • ④炎症後色素沈着

    日焼けやニキビなどの肌の炎症が生じた部位にできるシミです。性別や年齢を問わず、顔以外の場所にもできます。その名の通り、日焼けやニキビ等で起きた炎症が原因で発生します。

シミの治療方法

シミの治療は症状に合わせた治療が必要です。シミの種類を判断せずに治療すると悪化する恐れもあるため、まずは医師の診断を受けてご自身に適した治療法を見つけましょう。

PICO(ピコ)レーザー

レーザーを皮膚に照射し、メラニン色素を破壊する治療法です。ピコ秒(1兆分の1秒)という極めて短時間でメラニン色素を選択的に破壊できます。メラニン色素の選択的破壊かつ短時間照射という特徴から皮膚への負担が従来のレーザー機よりも大幅に削減されました。同時に、従来のレーザー機で恐れられていた施術後の色素沈着リスクも軽減されました。よって、レーザー治療が不向きとされていた肝斑も含めてシミ全般の治療に使用できます。

PICO(ピコ)レーザー施術費用

●PicoWay(トーニング)

顔全体 40,000 円
30,000 円
両ワキ 20,000 円

※デコルテ、背中上部、背中下部…首と同料金
※両手甲、両ヒザ…両ワキと同料金

PicoWay(スポット照射) ※1年保証の場合は2倍価格

1㎜あたり 5,000円
6~20㎜ 30,000円
21~40㎜ 33,700円
41㎜~60㎜ 39,600円
61㎜以上 51,600円

コース価格があります。

フォトフェイシャル(Intense Pulsed Light:IPL)

IPLと呼ばれる広範囲の波長の光を顔に照射することで、メラニンの破壊と肌を活性化を行い、肝斑以外のシミやくすみ、赤ら顔、毛穴など種々の肌トラブルを改善してくれます。一方で、皮膚への負担が少なく、ダウンタイムもほとんどありません。ピンポイント照射のレーザーに比べて顔の広範囲に光を照射できるため、顔全体のトーンアップにも繋がります。

フォトフェイシャル施術費用

●M22(フォトフェイシャル)

顔全体 30,000円
22,500円
両前腕 25,000円
両手甲 12,000円
アクネスポット 1か所 400 円

※両前腕は手背を含む半周
※デコルテ…顔と同料金
※その他部位は名刺サイズ毎5,000円

コース価格があります。

恵比寿形成外科・美容クリニックでは

丁寧な診察をもとに、患者様お一人お一人にあったシミの治療を行っております。 恵比寿近郊にお勤めされている方や学校に通われている方は、JR・日比谷線恵比寿駅より徒歩1分にある恵比寿形成外科・美容クリニックの美容皮膚科部門を受診ください。

美容皮膚科の疾患一覧

美容皮膚科

美容皮膚科は、しみ、しわ、たるみなどの改善を目的とした各種レーザー治療をはじめ、注入治療、美容点滴、内服を合わせた、「お肌のトータル・エイジング・ケア」を提供します。

ページトップへ