西嶌暁生 研究業績

メディカル・ディレクター : 西嶌 暁生

西嶌 暁生(にしじまあきお)

医師 医学博士 形成外科専門医 認定産業医 MBA JDLA認定E資格

審査あり学会等の報文(外国語)

【原著論文:筆頭著者】

  1. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, Masahiko Gosho, Satoshi Yanagibayashi, Ryuichi Yoshida, Megumi Takikawa, Rie Hayasaka, Hisato Nagano, Eri Maruyama, Mitsuru Sekido: Appropriate Use of Intravenous Unfractionated Heparin after Digital Replantation: A Randomized Controlled Trial Involving Three Groups. Plastic and Reconstructive Surgery, 2019 Jun;143(6):1224e-1232e.
  2. Akio Nishijima, Takahiro Fujimoto,Takamichi Hirata, Junko Nishijima; A New Energy Device for Skin Activation toAcute Wound Using Cold Atmospheric Pressure Plasma: A Randomized ControlledClinical Trial, Biomed J Sci & Tech Res, Vol.21(1), 15494-15501, 2019
  3. Akio Nishijima, Takahiro Fujimoto, Takamichi Hirata, Junko Nishijima: Effects of Cold Atmospheric Pressure Plasma on Accelerating Acute Wound Healing: A Comparative Study among 4 Different Treatment Groups. Modern Plastic Surgery, 9, 18-31, 2019. doi:  10.4236/mps.2019.91004.
  4. Akio Nishijima, Masahiko Gosho, Ryuichi Yoshida, Satoshi Yanagibayashi, Megumi Takikawa, Junko Nishijima, Mitsuru Sekido, Naoto Yamamoto: Effective wound bed preparation by maggot debridement therapy for patients with critical limb ischemia. Journal of Wound Care, Aug 2;26(8) p483-489, 2017.
  5. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, Ryuichi Yoshida, Koji Hozawa, Satoshi Yanagibayashi, Megumi Takikawa, Rie Hayasaka, Junko Nishijima, Masahiko Gosho, Haruo Nishijima: Prevalence of coronary artery disease in patients with critical limb ischemia: Retrospective comparison of patients underwent major amputation or not. Plastic and Reconstructive Surgery Global Open, Jun 28;5(6):e1377, 2017.
  6. Akio Nishijima, Haruo Nishijima, Satoshi Yanagibayashi, Rie Hayasaka, Ryuichi Yoshida, Megumi Takikawa, Eri Maruyama, Junko Nishijima, Naoto Yamamoto: Clinical utility of laser Doppler flowmetry for monitoring digital circulation after replantation: differentiation between tissue ischemia and congestion. Journal of Reconstructive Microsurgery Open, 02 (01): e69-e71, 2017.
  7. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, Satoshi Yanagibayashi, Ryuichi Yoshida, Megumi Takikawa, Rie Kouno, Masahiko Gosho: The effect of smoking on necrosis rate in digital replantation and revascularization with prostaglandin E1 therapy: a retrospective study, Plastic and Reconstructive Surgery, Vol. 138(4), 848-853, 2016

【原著論文:共著者】

  1. Yanagibayashi S, Nishijima A, Yoshida R,Sasaki K, Yamamoto N, Takikawa M. Intramedullary Fixation With Bioabsorbable and Osteoconductive hydroxyapatite/poly-L-lactide Threaded Pin in Digital Replantation, J Plast Surg Hand Surg. 2020:Mar 10;1-5
  2. Sasaki K, Sasaki M, Oshima J, Aihara Y, Nishijima A, Sekido M. Free-flap Reconstruction for Full-Thickness Oral Defects Involving the Oral Commissure Combined With Oral Modiolus Reconstruction Using a Fascial Sling. Microsurgery. 2019 Dec23, doi:10.1002/micr.30546. Online ahead of print.
  3. Yamamoto N, Ogi H, Yanagibayahi S, Yoshida R, Takikawa M, Nishijima A, Kiyosawa T. Eyelid reconstruction using oral mucosa and ear cartilage strips as sandwich grafting. Plast Reconstr Surg Glob Open.2017;5:e1301
  4. N. Yamamoto, S. Yanagibayashi, R. Yoshida, H. Ogi, M. Takikawa, A. Nishijima, E. Maruyama: 2-Octyl-Cyanoacrylate Skin Adhesive Used as a Splinting Material in Auricular Surgery. Modern Plastic Surgery, Vol.6, No.4, 2016

【症例報告:筆頭著者】

  1. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, Ryuichi Yoshida, Satoshi Yanagibayashi, Megumi Takikawa, Rie Hayasaka, Eri Maruyama, Junko Nishijima, Mitsuru Sekido. Maggot debridement therapy with a direct dressing can cause compression injuries in patients with chronic limb ischemia, CASE REPORTS IN PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY. 4:1, 84-88, 2017.
  2. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, Ryuichi Yoshida, Koji Hozawa, Satoshi Yanagibayashi, Megumi Takikawa, Rie Hayasaka, Junko Nishijima, Tadasu Okada, Mitsuru Sekido. Maggot debridement therapy for a patient with critical limb ischaemia and severe cardiac dysfunction: possibility of limb salvage, CASE REPORTS IN PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY. 4:1, 42-47, 2017.
  3. Akio Nishijima,et al. Pseudo-Hirschsprung’s disease with rectal hypoganglionosis:An autopsied case of circulatory failure due to severe conception, Legal Medicine 17 (2015), pp. 177-179

【症例報告:共著者】

  1. Yoshida R, Yamamoto N, Nishijima A, Maruyama E, Takikawa M, Yanagibayashi S. A case of mediastinitis with an exposed artificial blood vessel that was associated with right ventricular wall damage during treatment, Case Reports Plast Surg Hand Surg. 2019 May 10;6(1):55-59. doi: 10.1080/23320885.2019.1611435. eCollection 2019.

審査あり学会等の報文(日本語)

【原著論文:筆頭著者】

  1. 西嶌暁生、他:T4 乳癌術後に対し対側穿通枝型Supercharged TRAM flapを用いた乳房一次再建(乳房マウンド作製)の検討,日本形成外科学会誌 35(6):322-327,2015

【原著論文:共著者】

  1. 早坂李枝、山本直人、柳林聡、吉田龍一、西嶌暁生、丸山英里、瀧川恵美;末節部切断指再接合後のうっ血対策-医療用ヒルの有用性-、日本マクロサージャリー学会誌、第31(1)巻、1-7頁、2018年.
  2. 早坂李枝、山本直人、柳林聡、吉田龍一、西嶌暁生;末節部の切断指再接合術における静脈還流としての髄内血行の検討、日本手外科学会誌、第34巻、415-419頁、2017年
  3. 吉田龍一、山本直人、柳林聡、西嶌暁生、丸山英里、長野寿人、瀧川恵美:当科での胸骨骨髄炎の治療戦略-陰圧閉鎖療法後の両側大胸筋前進皮弁の有用性-、日本形成外科学会誌、第37巻、283-293頁、2017
  4. 山本直人、柳林聡、吉田龍一、早坂李枝、西嶌暁生、丸山英里、瀧川恵美:生着因子の分析でみえた切断指ホットラインの運用と生着率向上への課題、日本形成外科学会誌、第36巻、589-593頁、2016
  5. 早坂李枝、柳林聡、吉田龍一、西嶌暁生、丸山英里、瀧川恵美、山本 直人:静脈再建できなかった指末節部切断再接合の瀉血法の比較検討、日本手外科学会会誌、第32巻、959-963頁、2016

【症例報告:筆頭著者】

  1. 西嶌暁生、山本直人、柳林聡、吉田龍一、瀧川恵美、長野寿人、西嶌順子、関堂充:皮下植込み型避妊用インプラントの摘出経験,日本形成外科学会誌 37(8):p456-455, 2017.
  2. 西嶌暁生、他:人工物を用いた大きな下垂乳房に対する同時性両側乳癌一次二期再建の1例,日本形成外科学会誌 35(11):627-632,2015
  3. 西嶌暁生、他:外傷性腰ヘルニアに対してComponents Separation法を応用し外腹斜筋により被覆しえた1例,日本形成外科学会誌34(8),622-627,2014

【症例報告:共著者】

  1. 長野寿人、柳林聡、山本直人、瀧川恵美、吉田龍一、西嶌暁生、丸山英里;2.ヒト免疫不全ウイルス感染症に伴う肛門部巨大尖圭コンジローマの1例:自験例と本邦の主要な報告例のまとめ、日本形成外科学会誌、38:362-376、2018年
  2. 長野寿人、柳林聡、山本直人、吉田龍一、瀧川恵美、西嶌暁生;内側直筋が絞扼した眼窩内側壁骨折の稀な1例、創傷、9 (3):111-114、2018年
  3. 長野寿人、吉田龍一、山本直人、柳林聡、瀧川恵美、西嶌暁生、丸山英里;Streptococcus intermediusによる敗血症肺塞栓を来たした糖尿病足壊疽の1例、日本形成外科学会誌、37:711-716、2017年

依頼論文(日本語)

  1. 西嶌暁生、嘉糠洋陸:新規医療用マゴットによる下肢救済プロジェクト、Modern Physician、Vol.39(7), p653-658, 2019
  2. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、瀧川恵美、早坂李枝、丸山理英、西嶌順子、柳林聡:切断指再接合術後の喫煙者に対するProstaglandin E1の効用,形成外科 Vol.60 (9) p1035-1037, 2017.

研究発表予稿あり(外国語)

  1. Yukiko Imai, Risa Myojo, Michiko Oowaki, Akio Nishijima, Junya Ooshima,Yoichiro Shibuya, Masahiro Sasaki, Kaoru Sasaki, Yukiko Aihara, Mitsuru Sekido:The indicateon of radiateon after keloid ewcision by using JSW scar scale、第2回アジア太平洋瘢痕医学会(秋葉原)11月2-3日,2019
  2. Yukiko Imai, Akio Nishijima, Junya Ooshima, Yoichiro Shibuya,  Masahiro Sasaki, Kaoru Sasaki, Yukiko Aihara, Mitsuru Sekido, Nobuhito Mori, Yasuyuki Kido:The conditionedmedium from adipose-derived stem cells can suppress bioactivity of keloid Fibroblast by another mechanism from existing treatment、第2回アジア太平洋瘢痕医学会(秋葉原)11月2-3日,2019
  3. Takahiro Fujimoto, Akio Nishijima, Junko Nishijima. Fractional Laser-Assisted Percutaneous Drug Delivery Via Temperature-Responsive Liposomes: American Society for Laser Medicine and Surgery, Dallas, USA(Apr 14,2018)
  4. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, et al. The effect of smoking on necrosis rate in digital replantation and revascularization with prostaglandin E1 therapy: a retrospective study:Plastic Surgery The Meeting 2016 – the annual gathering for the American Society of Plastic Surgeons -, Los Angeles, USA (September 23-27, 2016)
  5. Akio Nishijima, Naoto Yamamoto, et al.Comparison of the risk for coronary artery disease in patients with critical limb ischemia undergoing surgical management with major and non-major amputation: a retrospective cohort study:The 13th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery (JKPRS), Kanazawa, Japan ( May 15-17 2016)
  6. Akio Nishijima, Satoshi Yanagibayashi, et al.Blood flow measurement in digital replantation using a non-contact laser tissue blood flow measurement device:The 3rd Congress of Asian Pacific Federation of Societies for Reconstructive Microsurgery (APFSRM), Beijing, China ( June 2-5 2016)
  7. Akio Nishijima, Mitsuru Sekido, et al.Effectiveness of Supercharged Pedicled TRAM Flap with Contralateral Perforator for Immediate Breast Reconstruction after Mastectomy of T4 Breast Cancer:8th Congress of World Society for Reconstructive Microsurgery ,Mumbai,India (March19-22 2015)
  8. Akio Nishijima, Mitsuru Sekido, et al.Selection of Recipient Vessel for Breast Reconstruction by Vascularized Autologous Tissue Transfer:8th Congress of World Society for Reconstructive Microsurgery, Mumbai,India (March19-22 2015)

研究発表予稿あり(日本語)

【シンポジウム・パネルディスカッション】

  1. 西嶌暁生、岩藤和広、瀧川恵美、柳林聡、山本直人、西嶌順子、佐々木薫、関堂充:AI初心者が1年半で皮膚腫瘍の鑑別プログラムを作成した無理のない道のり,パネルディスカッション「AIを用いた医療技術の革新」,第63回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋),8月26〜28日、2020年
  2. 西嶌暁生、岩藤和宏、柳林聡、山本直人、関堂充:機械学習による切断指生着の予測因子の検討,シンポジウム「マイクロサージャリー・頭頚部再建における新技術の開発 ~われわれはどこまで来たのか」,第62回日本形成外科学会総会・学術集会(札幌),5月15-17日,2019年
  3. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、瀧川恵美、西嶌順子、丸山英里、柳林聡;基調講演2 CLI39症例にマゴットセラピーを施行した後ろ向きコホート研究の紹介,第7回マゴットセラピー研究会(福岡),2月10日、2018年
  4. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、柳林聡、瀧川恵美、長野寿人、丸山英里、西嶌順子;シンポジウム「下肢救済のあの手この手 マゴットの活かし方」、マゴットセラピーの有用性 ~形成外科医の立場から,第3回下肢救済学会・足病学会 関西地方会学術集会,2017年10月14日
  5. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、柳林聡、瀧川恵美、長野寿人、丸山英里、西嶌順子、関堂充;シンポジウム「マゴットセラピーの達人たちに聞く。マゴットセラピーはこう使う!」、マゴットセラピー ~形成外科医の立場から~,第9回下肢救済・足病学会学術集会,2017年5月26-27日
  6. 西嶌暁生、佐々木薫、足立孝二、相原有希子、赤澤俊文、倉元有木子、市原佑紀、伊藤佐知子、関堂充.パネルディスカッション2「Free Flapによる乳房再建」乳癌術後皮膚欠損に対し対側穿通枝を用いたSupercharged TRAMによる再建の検討、第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会(京都)12月4-5日,2014

【口頭発表:演者】

  1. 西嶌暁生、岩藤和広、柳林聡、山本直人、関堂充:機械学習による切断指生着の予測因子の検討、第46回日本マイクロサージャリー学会学術集会(新宿)11月28日-29日,2019
  2. 西嶌暁生:医療用プラズマの照射による創傷治療に関するランダム化比較試験,第20回日本褥瘡学会学術集会(横浜),9月28日-29日,2018年
  3. 西嶌暁生、岩藤和宏、関堂充:Mathematicaによる機械学習を用いた判別分析による切断指生着予測因子の検討、第14回茨城県形成外科研究会(水戸)、10月27日、2018年
  4. 西嶌暁生、橋本晃生、嘉糠洋陸、青沼宏佳、吉田拓磨;慈恵株マゴットの輸送・包装試験(3グループ並行群間比較試験),第6回マゴットセラピー症例検討会,12月1日、2018年
  5. 西嶌暁生、吉田龍一、浜田和昌、西嶌順子、柳林聡、丸山恵里、瀧川恵美、山本直人;救肢と栄養 ~外科医の視点から~,第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会,2月23-24日、2017年
  6. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、柳林聡、瀧川恵美、長野寿人、細山田広人、西嶌順子、関堂充;重症下肢虚血対するマゴットセラピー ~形成外科医の立場から~,第10回筑波大学形成外科同門会,3月11日、2017年
  7. 西嶌暁生、山本直人、柳林聡、吉田龍一、瀧川恵美、丸山英里、川井啓太、関堂充;切断指術後の周術期管理に関するヒト臨床研究,第11回茨城形成外科研究会,6月2日、2017年
  8. 西嶌暁生, 山本直人, 吉田龍一, 朴澤耕治, 柳林聡, 瀧川恵美,長野寿人,細山田広人,西嶌順子, 関堂充;重症下肢虚血対するマゴットセラピー ~形成外科医の立場から,第9回日本創傷外科学会学術総会・学術集会,7月6-7日、2017年
  9. 西嶌暁生、藤本幸弘、西嶌順子;低温大気圧プラズマによる急性創傷の治療戦略:フラクショナルレーザー照射後のダウンタイム軽減に向けて、低温大気圧プラズマ・ワークショップ(東京)、8月27日、2017年
  10. 西嶌暁生、藤本幸弘、西嶌順子;低温大気圧プラズマによる治療戦略 NeoGen単機によるMultiple Task、プラズマを用いたトータルリジュミネーションセミナー(横浜)、11月26日、2017年
  11. 西嶌暁生, 嘉糠洋陸、青沼宏佳、吉田拓磨、大塚沙緒里、吉田龍一、西嶌順子、山本直人;ヒト検体を用いたマゴットセラピーによる肉芽形成に関する探索的研究,第5回マゴットセラピー症例検討会,12月1日、2017年
  12. 西嶌暁生、山本直人、丸山英理、河野李枝、瀧川恵美、柳林聡、吉田龍一.外科的介入を行ったCLI患者(Rutheford5.6)と冠動脈疾患の危険性、第59回 日本形成外科学会総会・学術集会 (福岡) 4月13日-15日 2016年
  13. 西嶌暁生、山本直人、丸山英理、河野李枝、瀧川恵美、柳林聡、吉田龍一;喫煙が切断指術後の生着率に及ぼす影響 ~受傷機転毎の検討~、第59回 日本形成外科学会総会・学術集会 (福岡) 4月13日-15日 2016年(ポスター発表)
  14. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、河野李枝、瀧川恵美、丸山英里、朴澤耕治、柳林聡;重症下肢虚血に対するMaggot Debridement Therapy第8回 日本創傷外科学会総会・学術集会 (東京) 7月21-22日 2016年
  15. 西嶌暁生、山本直人、吉田龍一、早坂李枝、瀧川恵美、丸山英里、細山田広人、西嶌順子、柳林聡;切断指再接合術後の喫煙者に対するProstaglandin E1の効用、第43回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 (広島) 11月17日-18日 2016年
  16. 西嶌暁生、柳林聡、吉田龍一、早坂李枝、瀧川恵美、丸山英里、細山田広人、西嶌順子、山本直人;Laser Doppler Flowmetryによる切断指再接合術後の鬱血と虚血の鑑別法、第43回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 (広島) 11月17日-18日 2016年
  17. 西嶌暁生, 山本直人, 吉田龍一, 朴澤耕治, 柳林聡, 瀧川恵美, 丸山英里,細山田広人,西嶌順子;マゴットセラピー ~形成外科科医の立場から、第4回日本マゴットセラピー症例検討会 (京都) 12月3日 2016年
  18. 西嶌暁生, 山本直人, 吉田龍一, 朴澤耕治, 柳林聡, 瀧川恵美, 丸山英里, 細山田広人,西嶌順子,石井裕梨、Maggot Therapy におけるDressingの注意点、第4回日本マゴットセラピー症例検討会 (京都) 12月3日 2016年
  19. 西嶌暁生、諫山哲也、檜垣仁志、関堂充;外傷性腰ヘルニアに対してComponents Separation法を応用し外腹斜筋弁により被覆しえた1例、第20回日本形成外科手術手技学会(鎌倉)、2月 2015年
  20. 西嶌暁生、関堂充、足立孝二、佐々木薫、相原有希子、赤澤俊文、伊藤佐知子、坂東裕子、原尚人;当院における乳房再建の変化、第58回日本形成外科学会総会、京都、4月8-9日 2015年
  21. 西嶌暁生、関堂充、佐々木薫、足立孝二、倉元有木子、坂東裕子、原尚人、池田達彦、井口研子;T4乳癌術後に対側穿通枝型Supercharged TRAM flapを用いた乳房一次再建の検討、第23回日本乳癌学会学術総会(東京) 7月2日-4日 2015年
  22. 西嶌暁生、諌山哲也、檜垣仁志、大島純弥、今井裕季子;外傷性腰ヘルニアに対してComponents Separation法を応用し外腹斜筋により被覆しえた1例、第7回筑波大学形成外科同門学会(つくば)3月15日,2014
  23. 西嶌暁生、足立孝二、佐々木薫、相原有希子、赤澤俊文、倉元有木子、市原佑紀、伊藤佐知子、関堂充;大きな乳房の両側性乳癌に対してインプラントによる乳房再建を行った1例、第6回茨城形成外科研究会(水戸)11月1日,2014
  24. 西嶌暁生、関堂充、足立孝二、佐々木薫、倉元有木子、坂東裕子、池田達彦、井口研子、原尚人;人工物を用いた大きな下垂乳房に対する両側同時乳癌一次二期再建の1例、第11回日本乳癌学会関東地方会(大宮)12月4-5日,2014
  25. 西嶌暁生,他:慢性便秘が原因で糞便性イレウスをきたし胸部臓器圧迫による呼吸循環不全で死亡した一剖検例,第8回筑波研修医学術集会(つくば),12月1日、2012年
  26. 西嶌暁生、鈴木広道、廣瀬由美、鈴木將玄:足の創処置を希望して来院され肺小細胞癌の診断に至った一症例,第7回筑波研修医学術集会(つくば),12月3日,2011年

【口頭発表:共同演者】

  1. 佐々木薫,佐々木正浩,大島純弥,大脇倫子,埴原弘直,西嶌暁生,相原有希子,関堂 充;頬骨骨折における吸収性プレートとKirschnerワイヤーを用いたハイブリッド固定法の有用性とその適応、第37回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(両国)10月31-11月1日,2019
  2. 佐々木薫,佐々木正浩,大島純弥,西嶌暁生,相原有希子、大脇倫子,埴原弘直,関堂充:緊急術中血流評価法としてのインドシアニングリーン(ICG)蛍光法の有用性、第46回日本マイクロサージャリー学会学術集会(新宿)11月28-29日,2019
  3. 埴原弘直, 佐々木薫, 佐々木正浩,大島純弥, 大脇倫子,西嶌暁生, 相原有希子,関堂充:稀な両側性先天性異所性爪の1例、第15回茨城形成外科研究会(水戸)6月28日,2019
  4. 佐々木薫、沢田歩, 佐々木正浩, 大島純弥, 大脇倫子, 相原有希子, 西嶌暁生、埴原弘直,  関堂充: 遊離前外側大腿皮弁と腸脛靱帯を用いて外側側副靭帯複合体再建を行った肘部軟部悪性腫瘍切除後再建の1例、第15回茨城形成外科研究会(水戸)6月28日,2019
  5. 相原有希子,  佐々木正浩,  西嶌暁生,  大島純弥,  佐々木薫,  関堂充:当科におけるNPWTの活用−足病変におけるwound bed preparation を得るために、第11回日本創傷外科学会総会・学術集会(長崎)7月4-5日,2019
  6. 佐々木薫, 大島純弥, 西嶌暁生, 佐々木正浩, 相原有希子, 埴原弘直, 大脇倫子,関堂充:手掌部デグロービング損傷の2例、茨城手外科研究会(土浦)9月18日,2019
  7. 佐々木正浩, 関堂充, 相原有希子, 佐々木薫, 大島純弥, 西嶌暁生, 大脇倫子,埴原 弘直:NSM後の人工物を用いた乳房一次再建における切開線に関する検討、第7回乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会(大宮)10月10-11日,2019
  8. 埴原弘直, 関堂充, 相原有希子, 佐々木正浩, 大脇倫子, 西嶌暁生, 大島 純弥,佐々木薫:インドシアニングリーン造影法を用いた乳房切除後皮膚壊死の検討、第41回茨城医学会形成外科分科会(水戸)10月26日,2019
  9. 大脇倫子, 佐々木正浩, 大島純弥, 西嶌暁生, 埴原弘直, 佐々木薫, 相原有希子,関堂充:皮下に発生した顆粒細胞腫の3症例、第41回茨城医学会形成外科分科会(水戸)10月26日,2019
  10. 佐々木正浩, 佐々木薫, 相原有希子, 大島純弥, 西嶌暁生, 大脇倫子, 埴原弘直,関堂充:当科における巨口症手術術式の検討、第41回茨城医学会形成外科分科会(水戸)10月26日,2019
  11. 佐々木正浩, 佐々木薫, 相原有希子, 大島純弥, 西嶌暁生, 大脇倫子, 埴原弘直,関堂充:当科における巨口症に対する手術術式の検討、第37回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(両国)10月31日-11月1日,2019
  12. 今井裕季子, 沢田歩, 明星里沙, 大脇倫子, 西嶌暁生, 大島純弥, 渋谷陽一郎,佐々木正浩, 佐々木薫, 相原有希子, 関堂充, 森宣仁, 木田泰之:間葉系幹細胞によるケロイド線維芽細胞のコラーゲン収縮能に対する抑制効果の検討、第28回日本形成外科学会基礎学術集会(仙台)11月14-15日,2019
  13. 佐々木正浩, 佐々木薫, 渋谷陽一郎, 相原有希子, 大島純弥, 西嶌暁生, 大脇倫子,埴原 弘直, 関堂充:頭頸部再建後の内頸静脈血栓症に対するエドキサバン(リクシアナ)の使用経験、第46回日本マイクロサージャリー学会学術集会(新宿)11月28日-29日,2019
  14. 柳林聡、西嶌暁生、川井啓太、山本直人;生体吸収性スレッドピンによる切断指髄内固定、第11回筑波大学形成外科同門会(つくば)、3月10日、2018年
  15. 酒井成貴、荒牧典子、長島隼人、高田和裕、岡部圭介、北崎奈々子、石神彩夏、西嶌暁生、藤本幸弘、金澤秀子、貴志和生:新たな細胞移植法による瘢痕治療への試み、第27回日本形成外科学会基礎学術集会、10月18-19日、2018年
  16. 荒牧典子、酒井成貴、長島隼人、高田和裕、岡部圭介、石神彩夏、北崎奈々子、西嶌暁生、藤本幸弘、金澤秀子、貴志和生:フラクショナルレーザーを用いた細胞移植法によるアンチエイジングの試み、シンポジウム3「若返りへの挑戦」、第27回日本形成外科学会基礎学術集会、10月18-19日、2018年
  17. 平田孝道、神野綺羅、小林千尋、西嶌暁生、藤本幸弘:大気圧プラズマを照射した皮膚炎患部のバイオルミネセンスによる非接触診断、第35回 プラズマ・核融合学会(大阪)、12月3-6日、2018年
  18. 吉田龍一、山本直人、丸山英里、長野寿人、西嶌暁生、瀧川恵美、柳林聡;胸骨骨髄炎治療における陰圧閉鎖療法の有用性、第35回日本臨床皮膚外科学会総会・学術集会、1月20-21日、2017年
  19. 山本直人、吉田龍一、柳林聡、西嶌暁生、丸山英里、長野寿人、瀧川恵美;重圧下肢虚血におけるEndovascular therapy後の遊離皮弁移植の効果、第35回日本臨床皮膚外科学会総会・学術集会、1月20-21日、2017年
  20. 瀧川恵美、山本直人、丸山英里、西嶌暁生、吉田龍一、柳林聡;PRPによる円形脱毛症治療、第35回日本臨床皮膚外科学会総会・学術集会、1月20-21日、2017年
  21. 山本直人、西嶌暁生、柳林聡、佐々木薫、清澤智晴;われわれの眼瞼全層再建の方法 口腔粘膜と耳介軟骨による”Sandwich grafting”、第10回筑波大学形成外科同門会(つくば)、3月11日、2017年
  22. 柳林聡、山本直人、西嶌暁生、西嶌順子;切断指再接合術での新しい固定法、第10回筑波大学形成外科同門会(つくば)、3月11日、2017年
  23. 吉田龍一、山本直人、丸山英里、長野寿人、西嶌暁生、瀧川恵美、柳林聡;血管吻合付加上方茎腹直筋皮弁(supercharged VRAM ) で再建した胸骨骨髄炎症例の検討、第60回日本形成外科学会総会・学術集会、4月12-14日、2017年
  24. 柳林聡、山本直人、吉田龍一、瀧川恵美、西嶌暁生、丸山英里、長野寿人、早坂李枝;切断指ホットラインの運用から見えた形成外科医による手外科診療発展の可能性、第60回日本形成外科学会総会・学術集会、4月12-14日、2017年
  25. 山本直人、吉田龍一、西嶌暁生、丸山英里、長野寿人、柳林聡、瀧川恵美、朴澤耕治;血管内治療と遊離皮弁による重症下肢虚血の救済治療とその意義、第60回日本形成外科学会総会・学術集会、4月12-14日、2017年
  26. 吉田龍一、山本直人、瀧川恵美、西嶌暁生、丸山英里、長野寿人、柳林聡;当院での骨髄炎に対する治療戦略、第1回常磐形成外科研究会(柏)、5月20日、2017年
  27. 柳林聡、山本直人、吉田龍一、瀧川恵美、西嶌暁生、丸山英里、長野寿人;Arterialozed venous flapによる手指再建、第1回常磐形成外科研究会(柏)、5月20日、2017年
  28. 吉田龍一、山本直人、西嶌暁生、長野寿人、丸山英里、瀧川恵美、柳林聡;重症下肢虚血症例の入院期間に影響を及ぼす要因の検討 ~大切断症例の検討~、第9回日本下肢救済・足病学会学術集会、5月26-27日、2017年
  29. 吉田龍一、山本直人、西嶌暁生、長野寿人、丸山英里、瀧川恵美、柳林聡;デブリードマン術後右室壁損傷による大出血を来たしたが救済し得た縦隔炎の1例、第9回日本創傷外科学会学術総会・学術集会、7月6-7日、2017年
  30. 山本直人、柳林聡、吉田龍一、西嶌暁生、早坂李枝、瀧川恵美、丸山英里;新東京病院で行っている切断指再接合と生着率向上への課題、第9回筑波大学形成外科同門会学会(つくば) 3月 2016年
  31. 山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、西嶌暁生、河野李枝、瀧川恵美、丸山英里、柳林聡、中村淳;当科で行っている重症下肢虚血肢の救済治療戦略、第34回日本臨床皮膚外科学会学術集会 3月5日-6日 2016年
  32. 吉田龍一、山本直人、丸山英里、河野李枝、西嶌暁生、瀧川恵美、柳林聡;肩甲骨下甲骨下筋内脂肪腫の一例、第34回日本臨床皮膚外科学会学術集会 3月5日-6日 2016年
  33. 山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、柳林聡、西嶌暁生、早坂李枝、瀧川恵美、中村淳;Endovascular therapy (EVT) を行った血管への遊離皮弁移植と下肢救済、第59回 日本形成外科学会総会・学術集会 (福岡) 4月13日-15日 2016年
  34. 吉田龍一、山本直人、河野李枝、西嶌暁生、瀧川恵美、柳林聡;胸骨骨髄炎治療における抗血小板薬・抗疑固薬の影響、第59回 日本形成外科学会総会・学術集会 (福岡) 4月13日-15日 2016年
  35. 河野李枝、柳林聡、丸山英里、西嶌暁生、吉田龍一、瀧川恵美、山本直人;切断指再接合術後の鬱血対策としての医用ヒルの有用性、第59回 日本形成外科学会総会・学術集会 (福岡) 4月13日-15日 2016年
  36. 河野李枝、山本直人、柳林聡、西嶌暁生、吉田龍一、丸山英里、瀧川恵美;当院に搬送された重度手外傷の治療経過について、第17回千葉県救急医療研究会 4月23日 2016年
  37. 山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、西嶌暁生、河野李枝、柳林聡、瀧川恵美、中村淳;Endovascular therapy (EVT) と遊離皮弁移植による下肢救済と術後の血行動態、第8回日本下肢救済・足病学会学術集会(東京) 5月27日-28日 2016年
  38. 山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、柳林聡、西嶌暁生、早坂李枝;当科での遊離皮弁移植による下肢壊疽の再建、第43回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 (広島) 11月17日-18日 2016年
  39. 山本直人、吉田龍一、柳林 聡、瀧川恵美、西嶌暁生、早坂李枝、丸山英里;切断指ホットラインの運用とチームとしての成績向上への取り組み、第43回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 (広島) 11月17日-18日 2016年
  40. 早坂李枝、山本直人、柳林聡、吉田龍一、西嶌暁生、丸山英里、瀧川恵美;末節部切断指再接合術後の鬱血対策、第43回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 (広島) 11月17日-18日 2016年
  41. 市原祐紀、西嶌暁生、赤澤俊文、佐々木薫、相原有希子、足立孝二、関戸充;縫合固定を要しないペンローズドレーンの留置方法、第20回日本形成外科手術手技学会(鎌倉)、2月 2015年
  42. 佐々木薫、足立孝二、相原有希子、赤澤俊文、西嶌暁生、市原祐紀、関堂充;外側足底動脈を茎とする逆行性内側足底皮弁を用いた足底荷重部再建の経験、第33回日本臨床皮膚外科学会(浦安) 3月27日-28日 2015年
  43. 関堂充、佐々木薫、足立孝二、相原有希子、赤澤俊文、倉元有木子、西嶌暁生、橋本佐知子;乳房一次再建における断端陽性、再発例の検討、第58回日本形成外科学会総会(京都)4月8-9日 2015年
  44. 赤澤俊文、関堂充、足立孝二、佐々木薫、相原有希子、西嶌暁生、市原祐紀、島田卓治;遊離皮弁移植時に盲端となった内・外頚静脈断端への端側吻合を用いた4例、第58回日本形成外科学会総会(京都)4月8-9日 2015年
  45. 柳林聡、河野李枝、吉田龍一、瀧川恵美、西嶌暁生、山本直人;切断指ホットライン開設1年後の報告、第18回千葉県救急医療研究会 4月18日 2015年
  46. 関堂充、佐々木薫、足立孝二、相原有希子、西嶌暁生、倉元有木子、坂東裕子、原尚人、池田達彦、井口研子;乳房一次再建における断端陽性、再発例の検討、第23回日本乳癌学会学術総会(東京) 7月2日-4日 2015年
  47. 山本直人、柳林聡、吉田龍一、河野李枝、瀧川恵美、西嶌暁生;正着因子の分析から見えた切断指ホットラインの運用と正着率向上への課題、第42回日本マイクロサージャリー学術集会(埼玉) 11月26日 2015年
  48. 山本直人、吉田龍一、朴澤耕治、瀧川恵美、西嶌暁生、河野李枝、柳林聡、中村淳;血管内治療(EVT)による血行再建を行った重症下肢虚血(CLI)症例への遊離組織移植、第42回日本マイクロサージャリー学術集会(埼玉) 11月26日 2015年
  49. 柳林聡、河野李枝、阿部加代子、西嶌暁生、吉田龍一、瀧川恵美、山本直人;静脈非弁による動脈損傷をともなう手指皮膚欠損創の再建、第42回日本マイクロサージャリー学術集会(埼玉) 11月26日 2015年
  50. 諫山哲也、檜垣仁志、西嶌暁生、今井裕季子、大島純弥;正中唇裂の治療経験、第7回筑波大学形成外科同門会学会(つくば) 3月15日 2014年
  51. 橋本佐知子、足立孝二、西嶌暁生、市原祐紀、倉元有木子、赤澤俊文、佐々木薫、相原有希子、関堂充;幼虫爬行症が疑われた毛髪皮内潜行症の一例、第5回茨城形成外科研究会(水戸) 5月23日 2014年
  52. 市原佑紀、関堂充、西嶌暁生、伊藤佐知子、赤澤俊文、佐々木薫、足立孝二、相原有希子;硬化療法が奏功した頚部嚢胞性病変の2例、第6回茨城形成外科研究会(水戸)11月1日,2014
  53. 赤澤俊文、関堂充、足立孝二、相原有希子、佐々木薫、倉元有木子、坂井香、市原佑紀、伊藤佐知子、西嶌暁生;頸部血管をvein graftとして用いた頭頚部・胸部再建、第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会(京都) 12月4日-5日 2014年

研究発表予稿なし(日本語)

  1. 西嶌暁生、山本直人、岡田匡、Maggot Therapy.医療法人社団 育生會 山口病院、11月23日、2016年
  2. 西嶌暁生、藤本幸弘、西嶌順子、低温大気プラズマによる急性創傷の治療戦略.低温大気圧プラズマ・ワークショップ、リロの会議室(東京)、8月27日、2017年
  3. 西嶌暁生、藤本幸弘、西嶌順子;低温大気圧プラズマによる治療戦略 NeoGen単機によるMultiple Task、プラズマを用いたトータルリジュミネーションセミナー(横浜)、11月26日、2017年
  4. 西嶌暁生、嘉糠洋陸、青沼宏佳、吉田拓磨、大塚沙緒里、西嶌順子.新規医療用マゴットによる下肢救済!~開発・臨床の現場とその後の取り組み~、LINK-J第19回ネットワーキング・ナイト(東京)、10月24日、2018年

大会実績

  1. 西嶌暁生、他:慢性便秘が原因で糞便性イレウスをきたし胸部臓器圧迫による呼吸循環不全で死亡した一剖検例,第8回筑波研修医学術集会 青木賞,12月1日,2012年
  2. 西嶌暁生、嘉糠洋陸、吉田拓磨、青沼宏佳、大塚沙緒里、西嶌順子(チーム名:プロジェクトM);マゴットエキスによる全世界の下肢救済!、第2回 慶應大学医学部 健康医療ベンチャー大賞 決勝大会、準優勝、1月28日、2018年

論文賞

  1. 2015年 筑波大学 形成外科 第1回論文賞,西嶌暁生,他
  2. 2016年 筑波大学 形成外科 第2回論文賞,西嶌暁生,他
  3. 2017年 筑波大学 形成外科 第3回論文賞,西嶌暁生,他
  4. 2018年 マイクロサージャリー学会誌 第31巻 第1号 優秀論文,早坂李枝、山本直人、柳林聡、吉田龍一、西嶌暁生、丸山英里、瀧川恵美

臨床・社会的業績

内容 医療法人社団誠馨会 新東京病院
「難治性慢性潰瘍に対する新規医療用マゴット(慈恵株)の安全性試験」
IRB番号:0144
※東京慈恵会医科大学と共同研究
期間 2018年3月 ~ 2019年3月
役割 研究代表者
内容 医療法人社団誠馨会 新東京病院
「ヒト検体を用いたマゴットセラピーによる肉芽形成に関する探索的研究 -保険適用に向けて-」
IRB番号:0120
※東京慈恵会医科大学と共同研究
期間 017年8月 ~ 2019年3月
役割 研究代表者
内容 東京都市大学
「低温大気圧プラズマによる急性創傷の治療戦略 ~フラクショナルレーザー照射後の創傷治癒に関する前向き研究」
IRB番号:413
UMIN:000029121
期間 2017年9月 ~ 2018年5月
役割 研究代表者
内容 医療法人社団誠馨会 新東京病院
「切断指再接合術後の未分画ヘパリン投与による有用性と適正投与量の前向き試験」
IRB番号:0079
UMIN:000021991
期間 2015年8月 ~ 2018年5月
役割 研究代表者
内容 羽根木の森アイクリニック
「眼瞼結膜エルビウムヤグレーザー照射の効果比較試験」
IRB番号:16000179
UMIN:000026735
期間 2017年9月 ~ 2018年4月
役割 研究分担者
ページトップへ